IDEA 利用規約

第1条 (利用規約の適用) 1. IDEA利用規約(以下「本利用規約」といいます。)はIntelligence Design株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するIDEA(以下「本サービス」といいます。)の利用に関して適用するものとします。
2. 本利用規約は当社とユーザー(本利用規約を承諾の上、当社所定の手続に従い本サービスの利用を申し込み、当社がその申込みを承諾した法人及び団体並びに個人をいいます。以下同様。)との間に適用されるものです。ユーザーは、本サービス申込フォーム又は申込書に必要情報を記入し当社に提出した時点で、本利用規約の内容に同意したものとし、お申込みに対する当社の承諾(書面又は電磁的方法をもって行います。また、本サービス利用のためのID及びパスワード発行した場合、同発行の連絡をもって当社の承諾とします。)をもって、本利用規約の各条項を内容とする契約(以下「本契約」といいます。)が成立したものとみなします。なお、本サービスの利用を申し込んだ方は、ユーザーを代表して本契約を締結する権限を有することを表明し、保証したものとします。
3. 本利用規約は本サービスをご利用いただく際の、当社とユーザーとの間の一切の関係に適用されるものとします。

第2条 (本サービスの申込) 1. 本サービスの利用を希望するお客様は、お客様の氏名、名称、住所、居所、担当窓口、連絡先、その他当社が指定する事項(以下「申込者情報」といいます。)を、申込フォーム又は申込書に記入して、当社が指定する方法で当社に提出するものとします。なお、申込情報を証する書類を当社に対して提供して頂く場合があります。
2. 当社は、お客様の申込者情報を確認審査する場合があり、必ずしもお申込みが全て承諾されるわけではなく、また、お申込み順に承諾されるわけでもありません。
3. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、お客様からのお申込みを拒否し、又は本契約を何等の催告を要することなく、即時に解除することができるものとします。
(1) 不実の内容にて申し込みが行なわれた、又は、行われたことが判明した場合
(2) 申し込み者が、過去に当社が提供する本サービス等において契約上の義務を怠ったことがある場合又は今後も怠るおそれがあると当社が判断した場合
(3) 申し込み者への本サービスの継続的な提供が合理的な理由により困難であると当社が判断した場合
(4) 本サービスの利用以外の目的で申込みが行われた場合
(5) その他当社が業務の遂行上著しい支障があると判断した場合
4. 当社によるお申込みに対する承諾後、利用可能となるユーザーアカウントを利用した各種お申込みその他の手続、又はユーザー情報(当社によるお申込み承諾後の申込者情報その他ユーザーによって登録された情報をいいます。)として登録されたメールアドレスへのご連絡によって確認した事項については、当社は、ユーザー自身による手続及び確認とみなすことができます。

第3条 (トライアル版の試用) 1. お客様は、当社が行う試用キャンペーン等においてトライアル版にお申込みをされた場合、別途当社が定める条件で、本サービスを試用することができます。
2. 試用期間は別途当社が定める条件の期間としますが、お客様が競合他社の従業員(競業他社から委託を受けて調査を行っている場合を含みます。)であると判断した場合、利用者の増加によって適切なサービス提供に影響を与える恐れがあると判断した場合、その他当社がキャンペーン等の目的や本サービスの適切な提供の観点から試用の継続に問題がある場合等当社が試用の提供を停止する必要があると判断した場合には、事前に通知することなく無償試用の提供を停止することがあります。
3. トライアル版を試用するユーザーとの間では、第5条ないし第7条の規定の適用はないものとし、別途当社が定める条件で、本サービスを試用するものとします。なお、本利用規約と別途当社が定める条件が矛盾抵触する場合、別途当社が定める条件が優先するものとします。

第4条(本利用規約の変更) 当社は、以下の場合には、ユーザーの承諾を得ることなく諸般の事情を考慮して任意に、本利用規約の全部又は一部を変更することがあります。当社は本利用規約の変更前又は変更後に本サービスに係るウェブサイト又は当社ウェブサイトに掲示し、若しくは、ユーザー登録先(又はユーザー指定)の電子メールアドレスに宛てて電子メールを送信する方法で本利用規約の変更について通知するものとします。同通知後、ユーザーが本サービスの利用を継続した場合には、ユーザーは本利用規約の変更に同意したものとみなします。

第5条 (本サービス内容) 1. 当社はユーザーに対し、本サービスにおいてデータの分析・解析・編集及びこれら処理についての学習等を行うプラットフォームを提供します。
2. 本サービスは次の各号に定める機能を有するプラットフォームの利用を当社がユーザーに対し許諾するものです。当社は、本サービスの更新、機能強化又は改良をする場合があります。なお、本サービスの内容や使用するエンジンの種類によっては、海外ユーザーの利用をお断りさせて頂く場合や、海外からのアクセスができない場合があります。
(1) 取得
(2) 蓄積
(3) 学習
(4) 実行
(5) 再学習
3. 当社は、ユーザーから別途申込みがあった場合、有償にて以下の機能を提供します。なお、当社は任意に以下の機能の一部又は全部の提供を中止又は廃止することができるものとします。最新の機能についてはお問合せください。なお、別途定めがない限り、当社から提供するデータの内容はベストエフォートとし、完全性、正確性、有用性について保証するものではありません。
(1) データ分析業務に関するコンサルティングサービス
(2) 分析・学習用のデータセットの販売
(3) 取得・蓄積したデータセットの販売支援サービス
(4) 利用IDの追加
(5) その他当社が随時追加する機能

第6条 (本サービス料金) ユーザーは当社に対し、前条に定められた本サービスの利用の対価として、本サービス利用に係る料金(以下「本サービス料金」といいます。)を、別途当社が指定する利用申込書等で定めるとおり支払うものとします。

第7条 (本契約の契約期間) 1. お客様から本サービスのお申込みがなされ、当社がこれを承諾したときに本契約が成立し、本契約期間が開始され、申込書記載又は申込フォーム記載の期間が満了した時、第2条第3項、第8条第1項及び第2項、第24条第3項、その他本契約が終了した日をもって本契約期間は終了するものとします。
2. 第2条第3項、第8条、又は第24条第3項によって本契約が終了した場合、解除された当事者(第8条第1項及び第2項の場合には、解除した当事者)は本契約に基づき負担する債務について期限の利益を失い、終了後直ちに相手方に対して債務を履行するものとします。

第8条 (本契約の解除) 1. ユーザーが次の各号のいずれかに該当した場合、当社は、ユーザーに何らの通知、催告なく即時に本契約の全部又は一部を解除することができます。
(1) ユーザーが第23条の他、本契約に違反した場合
(2) 当社の業務遂行及びサービスを構成するシステム等に支障を及ぼした場合、又はそのおそれのある行為を行なった場合(ハッキング、ウイルス送信、不正に入手した情報・データの入力、信用棄損行為等を含みますが、これらに限られません。)
(3) 自己振出しの手形又は小切手が不渡処分を受ける等の支払停止状態となったとき
(4) 差押え、仮差押え、本契約に関する仮処分若しくは競売の申立てがあったとき、又は租税滞納処分を受けたとき
(5) 破産、会社更生手続開始、民事再生手続開始又は特別清算を申立て又は申立てられたとき
(6) 解散又は事業の全部又は重要な一部を第三者に譲渡しようとしたとき
(7) 長期間にわたり当社から連絡がとれないとき
(8) その他前各号に準ずる事由が認められるとき
2. 当社は、1ヵ月前までに、所定の方法で解除の意思をユーザーに表明することで、本契約を解除することができます。
3. 本契約の契約期間満了前に、当社の責めに帰すべき事由によらず本契約が終了した場合、ユーザーは、残期間分の本サービス料金の支払義務を免れるものではなく、当社の請求に従って支払うものとします。
4. 本契約が解除された場合、ユーザーは以降本サービスを一切利用してはなりません。また、当社はユーザーに対し、解除により本サービスを利用できなかったことによってユーザーが被った損害について、一切その責任を負わないものとします。

第9条 (本サービスの停止) 1. 当社は、正常な本サービスの提供のため定期メンテナンスを行います。定期メンテナンス時にはシステムの一時停止や一部機能が利用できないことがあります。
2. 当社は以下の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供を停止することがあります。
(1) 本サービスを提供・維持するために必要なシステムのメンテナンス(臨時の場合を含みます。)、電気通信設備等ハードウェアの保守上又は工事上やむを得ないとき、またこれらに障害が発生したとき
(2) 本サービスに著しい負荷や障害(電気通信会社に起因する通信障害を含みますがこれに限られません。)が生じることによって正常に本サービスを提供することが困難である場合、又は困難であると当社が判断したとき
(3) 電気通信事業者又は国内外の電気通信事業体による電気通信サービス、電力会社による電力供給サービス、その他の公共サービスの提供が停止されることで、本サービスの提供が困難になったとき
(4) データの改ざん、ウイルス感染、ハッキング等本サービスを提供することにより、ユーザー又は第三者等が著しい損害を受ける可能性を当社が関知したとき
(5) 天災地変、戦争、内乱、法令の制定改廃その他不可抗力等により、非常事態が発生した場合、又はそのおそれがあるとき
(6) その他、当社が本サービスの提供を停止し、又は緊急停止する必要があると判断したとき
3. 前項に基づく本サービスの停止は、当社の判断で行うものであり、ユーザー及び第三者からの停止要請に応じることはありません。ただし、ユーザー又は第三者から情報の提供を受け、前項の事由に該当すると判断した場合、本サービスを停止することがあります。なお、ユーザー又は第三者から情報提供を受けた場合でも、当社は前項該当性を調査・判断する義務を負うものではありません。
4. 本サービスを停止したこと又は停止しないと当社が判断したことによってユーザー又は第三者に損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。

第10条(本サービス利用の廃止) 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部又は一部を廃止することができるものとします。
(1) 廃止日の3ヶ月前までにユーザーに通知した場合
(2) 天災地変等不可抗力により本サービスを提供できない場合
(3) 当社が開発していないソフトウェア等若しくは当社が製造していないハードウェア等のライセンス、製造若しくは販売停止等供給が停止し、又はそれらのサポートが終了となり本サービスが提供できなくなった場合、又は本サービスの提供が困難となった場合

第11条 (ユーザーの義務) 1. ユーザーは、自らのログイン情報(ID及びパスワード。変更された場合には、変更後の各情報も含みます。)及びAPI接続情報(以下「ログイン情報等」といいます。)を自己の責任において適切に管理及び使用し、第三者に開示、漏洩、流布し、又は利用(以下「開示等」といいます。)させてはならないものとします。
2. ユーザーのログイン情報等がユーザー以外の第三者に利用された場合であっても、当社は、当該利用はユーザーによるものとみなします。
3. ログイン情報等の開示等によってユーザーが何らかの損害を被った場合であっても、当社は一切の責任を負いません。また、ユーザーが第1項の義務に違反したことにより当社が何らかの損害を被った場合、当社はユーザーに対してその損害の賠償を請求できるものとします。
4. 当社は、ユーザーのログイン情報等の不正利用防止の観点ため、ユーザーに通知することなくユーザーによる本サービスへのログインができない状態にすることがあります。
5. 本サービスの利用にあたり、ユーザーが使用する端末設備等に関する費用、又は通信事業者に対して発生する通信費、パケット料金その他発生する通信関係費用等については、ユーザー自身で負担するものとします。

第12条 (データの保存) 1. 本サービスを通してユーザーから当社又は当社に対しエンジンの使用を許諾している当社パートナー(以下「テクノロジーパートナー」といいます。)に提供されたデータは、全て当社が委託している本サービス用サーバ(以下「本サービス用サーバ」といいます。)に保存及び蓄積されます。
2. 本サービス利用を通してユーザーが、取得したデータ、情報並びに本サービス利用を通して本サービス用サーバに保存及び蓄積したデータ等(以下「保存データ」といいます。)については、ユーザーの責任においてバックアップ等の管理・保全措置を執るものとします。
3. 当社は、ユーザーの承諾なく、本サービス用サーバの故障・停止時の対応、復旧等のため、保存データのバックアップを行うことがあります。
4. 理由の如何にかかわらず本契約が終了した場合には、当社は、本サービス用サーバ内に残存するユーザーのすべてのデータをユーザーに通知することなく削除できるものとします。またユーザーは本契約終了時点で本サービス用サーバ内に残存するユーザーのすべてのデータを削除することに同意したとみなします。本契約終了後は、保存データについて、その保管、削除、バックアップ等に関してお客様又は第三者に生じた損害につき一切の責任を負いません。
5. 当社は、以下の目的によると当社が判断した場合、保存データに対し、アクセスを行うことがあります。
(1)サービスシステムの安全な運営のため
(2)本サービス又は本サービスのシステム上の問題を防止又は解決するため
(3)本サービスのサポート上の問題に関連してユーザーからコンベックスに要請があった場合に、当該サポート上の問題を解決するため

第13条 (障害時の対応) 1. ユーザーは、本サービスに関して、何らかの不具合又は故障等(以下「障害等」といいます。)を発見した場合は、速やかに当社にその旨を連絡するものとします。また、当社は、障害等が発生した場合には速やかにユーザーに通知するものとします。
2. 本サービスに関して障害等が発生した場合は、ユーザーは、当社の指示に従い、必要な対応を行うものとし、当社が行う障害対応に協力するものとします。

第14条 (技術サポート) ユーザーが希望する場合、当社はユーザーに対し、当社指定の方法で本サービスの利用に関する問い合わせ対応を内容とするサポート業務(以下「技術サポート」といいます。)を別途定める料金表の料金にて提供します。

第15条 (個人情報の保護及び取扱いについての責任) 1. 当社は、当社の個人情報保護方針(https://i-d.ai/privacypolicy)に沿って、ユーザーの個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める個人情報をいいます。)を取り扱います。
2. 当社は、ユーザーから委託された個人情報を、本サービスの提供又は問合せ対応等以外の目的で、利用、加工、複写及び複製を行わないものとします。
3. 当社は、ユーザーから委託された個人情報について、漏えい、滅失又は毀損等の事故が発生した場合、その事実を速やかにユーザーに報告し、原因の調査を行い、事故の拡大防止に必要な措置を講ずるものとします。
4. 本サービスにおいてユーザーから当社に提供されたデータ等に個人情報が含まれる場合、ユーザーは当該個人情報の管理(取得時に、本規約に基づいて使用する目的で当社に提供することを明示した上で適法に取得していることを含みます。)を、個人情報保護法に定める個人情報取扱事業者として適正に行うことを保証し、当社はユーザーから提供を受けた個人を個人情報保護法の定めに従って適正に管理するものとします。万が一、ユーザーと当該個人情報の本人である第三者との間で何らかの紛争が生じた場合であっても、ユーザーの責任と負担において解決するものとし、当社は一切責任を負わないことを確認します。

第16条 (情報の利用) 1. 当社は、前条の定めのほか、ユーザー情報を用いて、ユーザーに本サービスの利用に関してのご案内を提供します。
2. 当社は、統計的の目的で、個々のユーザーにおける本サービスの利用状況を分析・解析又は統計調査に供し、これらの結果を公開することがあります。ただし、個々のユーザー及び個人情報が識別されることのないよう適切な措置を講じます。
3. 当社は、ユーザーから本サービスの利用情報を取得し、又はユーザーに対し、本サービスに関するフィードバックの提供を求める場合があります。ユーザーは、これらの利用情報又はフィードバックの内容につき、当社が無償利用すること及びユーザーが本サービスを解約又は解除したことによって本契約が終了した場合にも引き続き当社が利用することに同意するものとします。ただし、これらの利用情報又はフィードバックの内容の利用の目的は、前項の分析等の他、本サービスの運営の維持、改善、販売促進、及び本サービスに付属するサービス又は当社の新しいサービスの開発に範囲に限られます。

第17条 (事例の公開) ユーザーは、当社がユーザーの氏名・名称を本サービス導入・利用先として次の各号において公開及び紹介することを承諾するとともに、公開又は紹介に必要な範囲内でロゴ及び商標等の使用を当社に無償で許諾します。ただし、当社は、ロゴ又は商標等を使用する場合には、事前に貴社に通知するものとし、貴社から異議が出た場合には、誠実に協議するものとします。
(1) パンフレット、リーフレット、本サービス説明資料、その他販促資料(電子的媒体で作成するものを含みます。
(2) 当社ホームページ、本サービスウェブページ
(3) 本サービス関連セミナー、説明会等
(4) 展示会等のイベントブースへの出展
(5) プレスリリース又はマスコミからの取材等

第18条 (機密保持) ユーザーは、当社又はテクノロジーパートナーから開示を受けた技術上、営業上その他業務上の機密情報(以下「機密情報」といいます。)を機密に取り扱うものとし、当社及びテクノロジーパートナーの書面による承諾がない限り、第三者に開示又は漏えいしないものとします。ただし、次の各号のいずれかに該当する資料及び情報は機密情報に含まれないものとします。
(1) 開示を受けた時、既に公知のもの又は開示後、ユーザーの責めに帰すことのできない事由により公知となったもの
(2) 開示を受けた時、既に適法に保有しているもの
(3) 守秘義務を負うことなく第三者から正当に入手したもの
(4) 機密情報によらずに独自に創出又は開発したもの

第19条 (遅延損害金) ユーザーは、本契約に基づく債務の弁済を怠ったときは、弁済すべき金額に対し、年率14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払わなければなりません。

第20条 (権利義務の譲渡) ユーザーは、本契約により生じる権利又は義務を第三者に譲渡し又は承継させてはなりません。

第21条 (財産権及び成果物に関する権利の帰属) 1. 本サービスの実施環境を構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、エンジン(アップデート、学習後のものを含みます。)、サービス、手続き、商標、商号等に関する著作権、知的財産権、産業財産権、ノウハウ、各種データその他一切の有体・無体の権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、当社又はテクノロジーパートナーに帰属するものとし、ユーザーに譲渡し又は本利用規約に定める以外に使用許諾するものではありません。
2. 本サービス利用のため提供された加工前のデータ(提供データ、派生データ、学習用データセットを含むが、これらに限られません。)はユーザーに帰属するものとし、当社は、本サービスその他当社商品の品質向上、本サービスその他当社商品に係るエンジンの学習のために加工前データを利用することができ、加工前データを分析、統計、加工した上で利用することができるものとします。また、本サービス内で加工されたデータ等のうち、成果物及び成果物を作成する過程で作成されたあらゆる加工データ等は当社に帰属するものとし、ユーザーは、自己利用のために必要な範囲で複製及び翻案することができるものとします。なお、当社は成果物の利用権を有するものとし、事例公開等で使用することができます。
3. ユーザーが従前から保有している学習済みモデルの知的財産権等はユーザーに帰属し、本サービス内で作成された学習済みモデルの知的財産権等は当社に帰属するものとします。
4. ユーザーは、本サービスの提供に関して、当社が取得する知見(当社又はテクノロジーパートナーがユーザーに本サービスを提供するに際して作成した数理的モデル及び調整したモデルのパラメータ等を含みますがこれらに限られません。)を、当社がユーザーへの本サービスの提供以外の業務に利用することについて異議を述べないこととします(なお、利用対価等の請求もできません。)。

第22条 (再委託) 当社は、本サービスの提供に関して、全部又は一部の業務を、第三者に再委託できるものとします。

第23条 (禁止事項) 1. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。
(1) 本利用規約に違反する行為
(2) 第三者に対して、本サービスを利用する権利を許諾したり与えたりする行為
(3) 当社の許諾なく派生サービスを作成し配布する行為
(4) 本サービスの全部又は一部の複製、改変、編集、消去、他のプログラム等との結合、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル又はこれらに含まれるソフトウェアのソースコードを引き出すその他の処理若しくはミラーサイト構築等の行為
(5) 当社、テクノロジーパートナー又は他のユーザーを含む第三者の著作権、商標権、特許権その他の知的財産権を侵害する行為又はそのおそれのある行為
(6) 本サービスに対してウイルス等の有害なプログラムを送信してサービスに負荷をかける行為又は本サービスが当該有害なプログラムを受信可能な状態に置く行為
(7) 当社のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為
(8) 本サービスに不正に入手した情報・データを入力する行為
(9) 海外から本サービスにアクセスし、又はアクセスを試みる行為
(10) 本サービスに係る一切の画像等(ウェブ上の操作画面、UI、パンフレット、説明資料等を含むがこれらに限られません。)を当社に無断で使用する行為
(11) 本サービスの運営を妨げる行為又はそのおそれのある行為
(12) 法令その他当局の規則、通達又はガイドラインによって禁じられた行為
(13) 公序良俗に反する行為
(14) 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為
(15) その他、当社が不適切と判断する行為
2. 当社は、ユーザーによる本サービスの利用が、前項各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供の停止、その他当社が必要と認める措置を行うことができるものとします。
3.前項の停止措置をとったことにより発生した直接的、間接的、その他すべての損害について、当社は一切責任を負いません。

第24条(反社会的勢力の排除) 1. ユーザーは、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等その他これらに準ずる反社会的勢力のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来に亘っても該当しないことを確約します。
2. ユーザーは、自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的責任を超えた不当要求行為、取引に関して脅迫的な言動や暴力を用いる行為、風説、偽計又は威力を用いて会社の信用を棄損し又は会社の業務を妨害する行為、反社会的勢力の活動を助長し又はその運営に資する行為、反社会的勢力への利益供与等その他これらに準ずる行為を行わないことを確約します。
3. ユーザーが前各項に違反した場合、当社は、何らの通知催告を要することなく、本契約を即時に解除することができ、これによってユーザーに何らかの損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。

第25条 (損害賠償の制限) 当社は、本契約に違反し、ユーザーに損害を与えた場合、当社は、ユーザーに対し当該違反によりユーザーに生じた直接かつ通常の損害に限り損害賠償の責めを負うものとし、その累積総額は、当該違反行為の日を終期として過去1年間にユーザーが既に当社に支払った本サービス料金の総額を上限とします。

第26条 (免責) 1. 本サービスは現状有姿の状態で提供されるものであり、その正確性、完全性、有用性、合目的性のいずれをも保証するものではなく、ユーザーは自らの裁量で本サービスを利用するものとし、当社は、いかなる場合も、ユーザーが本サービスの利用に起因して被った逸失利益、間接損害、懲罰的損害その他特別損害につき、一切責任を負わないものとします。
2. 当社は、ユーザーが本サービスを利用することにより、ユーザーと第三者との間で何らかの紛争等が生じた場合であっても、一切責任を負わないものとします。
3. ユーザーは、ユーザーの行為に起因して当社が賠償金又は費用等(弁護士費用を含みます。)を支払った場合、速やかに当社に対して賠償するものとします。

第27条 (不可抗力) 当社は、天災、台風、地震、停電、火事、労働争議、騒乱、伝染病、通信業者の債務不履行、法令の変更、政府、関連省庁若しくは地方公共団体による法令、条例、規則、通達、行政指導その他の指導、輸送機関の問題又は合理的な範囲内で当社の管理の及ばない事柄その他の不可抗力による本契約上の債務不履行につき何ら責任を負わないものとします。

第28条 (存続条項) 本契約がいかなる理由により終了した場合においても、契約期間中における終了後も有効となる取決めのほか、第12条、第15条ないし第21条、第25条、第26条、本条、第30条及び第31条の各規定は、以後も引き続き効力を有するものとします。

第29条 (協議) 本利用規約に定めのない事項又は本利用規約の各条項について疑義が生じた場合には、ユーザーと当社は誠実に協議し、円満に解決を図るものとします。

第30条 (準拠法・管轄裁判所) 本契約は、日本法に準拠するものとし、本契約に関する訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第31条(その他) 本規約の条項が裁判所等によって無効又は執行不能であると宣告された場合、本規約は当該裁判所等の法的要件に合致するように修正されるものとし、当該修正内容は自動的に本規約の一部になるものとします。修正が不可能な場合は、無効又は執行不能な規定は削除されるものとし、これにより本規約で表される意図から相当な逸脱が生じない限り、本規約の残存規定は完全な効力を維持するものとします。この場合、ユーザー及び当社は可能な限り無効又は執行不能な規定の修正等に対応するものとします。

制定日
2019年 8月 20日

まずはお気軽にご相談ください。

CONTACT

導入に関するお問い合わせ、デモ画面のご依頼など、どんな事でもご相談ください。