counter
エッジAIカメラで
調査業務を自動化

大掛かりな設置工事不要
大幅にコストカットした
通行量の自動調査を実現

SCROLL DOWN

PROBLEM
こんなお悩み
ありませんか?
商店街組合様

どれだけの利用者数かを調査する
定期的な費用が高い

イベントによる利用者数の増減効果

不動産会社様

地域の人流をデータ化したい
ただ、調査費用は抑えたい

テナント様との交渉材料として定量データを利用したい

調査会社様

計測のための人材確保が難しい

常時計測したいが人手による計測では難しい

計測のブレを抑えたい

そんなお悩みも
IDEA counterなら
解決できます!

ABOUT
画像認識AI×IoT端末による
無人交通調査

IDEA counterは、
AIプラットフォームである
IDEAの画像認識技術を利用した
交通量調査自動化サービスです。

さまざまなデータを
自動で見える化
01 通過人数
02 属性情報
03 行動情報
データ管理・運用も
カスタムも楽々!
04 データ管理
05 カスタム
USE CASE
各種導入事例

商店街への流入数・流出数を自動計測

渋谷センター商店街振興組合様

商店街のゲートにAIカメラを設置させていただきました。
ゲートを通行する方を弊社の画像解析AIにより、通行者をカウントいたします。
毎年定期的な通行量調査を行われていたところを機械化したことでコスト低減を図りつつ、更に常時計測を行う事で更に有用なデータの取得を行っていただく予定です。

ビル前の通行者の人数、属性を自動計測

原宿・神宮前エリアの
テナントビル様

計測したい箇所が画角に収まるようテナントビルにAIカメラを設置させていただきました。
弊社の画像解析AIによって通行者の属性を識別、人数をカウントいたします。
テナントビルのオーナー様においては、テナント様向けの交渉材料として、または通行者数データ販売にご活用いただく予定です。

イベント参加者数の自動計測

室内イベント開催者様

室内イベントの扉や天井にAIカメラを設置させていただきました。
入口を通行する方を弊社の画像解析AIによって、入退場者のカウントをいたします。
イベントの参加者数を計測するだけでなく、時間と合わせて計測することで、開場時間の適正化や途中参加/早退の人数の把握も可能となります。

バスの乗降客データの可視化

コミュニティバス運営者様

コミュニティバス(ハチ公バス)内にAIカメラを設置させていただきます。
画像解析AIモデルを活用して乗降者数などを測定します。
コミュニティバスの走行ルートや時間帯ごとに傾向を分析し、
区民サービスの更なる向上を目指されています。

FEATURES
IDEA counterの特徴
01
安価な導入コスト

・調査を機械化することで費用を削減
・CPUを搭載したエッジAIカメラを利用することで、通信/推論にかかる費用を低減

02
簡単に稼働可能

・セルラー通信機能を搭載したカメラを提供するため、ネットワーク工事が不要
・アクションカメラ向けのマウントを利用することができるため、設置が簡単

03
個人情報の蓄積なし

・顔画像を保存しないアルゴリズムを採用しているため、個人情報の蓄積なし
・一切の個人情報流出の心配なく利用可能

FLOW
4ステップだけで
簡単に使える
TRUSTED BY
実績

さまざまなお客様に
ご利用いただいております。

and more ..
and more ..

さまざまなメディアに
取り上げていただいております。

ご不明な点やご質問がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。